new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

シャトー・ティヴァン ラ・シャペル AOPコート・ド・ブルイィ2019/Chateau Thivin La Chapelle AOP Cote de Brouilly 2019

¥5,390 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【シャトー・ティヴァン】 ボジョレー地方のブルイィ山の山腹、コート・ド・ブルイィがあるオデュナ村に長年に渡り居を構え、この土地と共に生きて来た家族経営のシャトー。 1877年に創始者Zaccharie Geoffray(ザッカリー・ジョフレ)によって2ha弱の畑から始まったこのシャトーは、140年の時を経55代目の現オーナーであるClaude Geoffray氏に引き継がれ、ボジョレー地方を代表するクリュ・ボジョレーの銘酒として、フランス国内外で広く知られています。 2007年には息子のClaude-Edouard(クロード・エデュアール)氏がスイスの大学でブドウ栽培とワイン醸造の高等教育を修了し、国内外の様々なドメーヌにて研鑽を積み、帰郷。次世代への継承も順調に進行中。 ブリュイ山の南、東、南西向きの斜面に畑を所有し。45度の傾斜により日当たり、水はけも良好。樹齢も45~50年程度のものが多く、味わいの深みを演出するファクターにもなっています。 また、火山由来の閃緑岩(せんりょくがん)が、青みがかったコート・ド・ブルイィ独特の岩石として、この地のブドウ栽培に影響をもたらすと言われ、現地ではピエール・ブルー:Pierre Bleue de Cote de Brouillyと呼ばれている。 テロワール、樹齢、ミネラル、気候など、多くの要素が噛み合い、長期熟成も可能なワインに仕上がるのが、このシャトーの素晴らしいところです。 ●こだわり ①  ぶどうの栽培 Terra Vitis の認定を受け、その理念に基づき、農薬、除草剤は控える。“未来のテロワール”に対して、大切なことは何か、を念頭に置いた栽培を行う。 ② ぶどうの収穫 手摘みにて収穫。昔ながらの手作業にて収穫を行う。 ③  醸造手法 シャトーの改装を行い、ポンプなどを使用しない設計に変更。重力を活かし上から下へ流す方法を採用し、ブドウに必要以上のストレスを与えない方法を採用。 適正な温度管理の中マセラシオンを行い、時折、伝統的なピジャージュを行い、タンニンと色素を抽出。 最後は低圧空気圧搾でプレスし、ジュースを取り出す。ファウドと呼ばれる2000~4000リットルの大樽タンクで6~8か月熟成させる。自然酵母を使用しSO2の添加物も必要最小限(30mg/l)にとどめる。 畑毎に熟成したワインをブレンドし瓶詰。 Ch. Thivin «La Chapelle» AOP Cote de Brouilly / シャトー・ティヴァン “ラ・シャペル” コート・ド・ブルイィ 750ml ブルイィ山の頂上にある急斜面で石がゴロゴロするこの畑は、「コート・ド・ブルイィ」のアペラシオンの典型性を高めています。 この区画は、青い変成岩でできた乾燥した土壌にあり、南向きで45度の傾斜があります。 【栽培と醸造】 ゴブレ式。手摘みで収穫。全房発酵、一部は除梗。 伝統的な方法で14〜15日間発酵。 ファウド(2~4000リットル)で収穫後翌年の6月まで熟成 【品種割合】 ガメイ(樹齢60年) 【アルコール度数】 13.5% 【味わい】  ※2017のテイスティングコメント  ジュリアハーディングMW(ジャンシスロビンソンより) 明るいチェリーレッド。とても香り高く、フローラルで、かわいらしいスパイスが効いています。「まるでコートドールにいるようだ」と、ベテランのブルゴーニュとボジョレーのバイヤーである、ロイ・リチャーズは言っています。 素晴らしいピュアな香り。 味わいは、とてもスパイシーでピリッとした味わいで、ピリッと深みのある赤い果実味があります。強烈で活気のある味わいにも香りがあり、はっきりとしたエレガントなストラクチャーと長い余韻があります。 とても持続性があり、食欲をそそる。ゴージャス感満載。 各種評価★WA:94+ 各種評価★RVF 95/100 ※2018年のワイン評価

セール中のアイテム