new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

シャトー・ティヴァン レ・セット・ヴィーニュ AOPコート・ド・ブルイィ2019/Chateau Thivin Les Sept Vignes AOP Cote de Brouilly 2019

¥4,290 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【シャトー・ティヴァン】 ボジョレー地方のブルイィ山の山腹、コート・ド・ブルイィがあるオデュナ村に長年に渡り居を構え、この土地と共に生きて来た家族経営のシャトー。 1877年に創始者Zaccharie Geoffray(ザッカリー・ジョフレ)によって2ha弱の畑から始まったこのシャトーは、140年の時を経55代目の現オーナーであるClaude Geoffray氏に引き継がれ、ボジョレー地方を代表するクリュ・ボジョレーの銘酒として、フランス国内外で広く知られています。 2007年には息子のClaude-Edouard(クロード・エデュアール)氏がスイスの大学でブドウ栽培とワイン醸造の高等教育を修了し、国内外の様々なドメーヌにて研鑽を積み、帰郷。次世代への継承も順調に進行中。 ブリュイ山の南、東、南西向きの斜面に畑を所有し。45度の傾斜により日当たり、水はけも良好。樹齢も45~50年程度のものが多く、味わいの深みを演出するファクターにもなっています。 また、火山由来の閃緑岩(せんりょくがん)が、青みがかったコート・ド・ブルイィ独特の岩石として、この地のブドウ栽培に影響をもたらすと言われ、現地ではピエール・ブルー:Pierre Bleue de Cote de Brouillyと呼ばれている。 テロワール、樹齢、ミネラル、気候など、多くの要素が噛み合い、長期熟成も可能なワインに仕上がるのが、このシャトーの素晴らしいところです。 ●こだわり ①  ぶどうの栽培 Terra Vitis の認定を受け、その理念に基づき、農薬、除草剤は控える。“未来のテロワール”に対して、大切なことは何か、を念頭に置いた栽培を行う。 ② ぶどうの収穫 手摘みにて収穫。昔ながらの手作業にて収穫を行う。 ③  醸造手法 シャトーの改装を行い、ポンプなどを使用しない設計に変更。重力を活かし上から下へ流す方法を採用し、ブドウに必要以上のストレスを与えない方法を採用。 適正な温度管理の中マセラシオンを行い、時折、伝統的なピジャージュを行い、タンニンと色素を抽出。 最後は低圧空気圧搾でプレスし、ジュースを取り出す。ファウドと呼ばれる2000~4000リットルの大樽タンクで6~8か月熟成させる。自然酵母を使用しSO2の添加物も必要最小限(30mg/l)にとどめる。 畑毎に熟成したワインをブレンドし瓶詰。 Ch. Thivin « les Sept Vignes »AOP Cote de Brouilly / シャトー・ティヴァン “レ・セット・ヴィーニュ” コート・ド・ブルイィ 750ml ブルイィ山の7つの区画はすべて、山の東、南、西の側面にあります。これらの区画のそれぞれの方角や斜面の高低の位置によって個性が生まれ、個性が混ざり合うことで複雑さをもたらします。土壌は「青い石」(メタ閃緑岩)によって支配されており、標高が高い区画では岩が多く、標高が低い山麓の区画では粘土が多くなっています。 【栽培と醸造】 手摘みで収穫。全房発酵、一部は除梗。伝統的な方法にて10~15日間発酵。 ファウド(2~4000リットル)で7か月熟成 【品種割合】 ガメイ(樹齢50年)、シャルドネ(極僅か) 【アルコール度数】 13.5% 【アッサンブラージュ】 収穫の翌春に7つの区画からのキュヴェを調合。 ・クロ・ベルトラン(Clos Bertrand) ・ラ・シャペル(La Chapelle) ・レ・グリオット(Les Griottes) ・ゴドフロワ(Godefroy) ・レロンド(L’Héronde) ・アンリ(Henri) ・レ・フォルネル(LesFournelles) の7つの畑のぶどうをアサンブラージュします。 【味わい】 青みがかった輝きのあるガーネット色。 薔薇、牡丹、チェリー、ミネラル感のある味わい、 黒い果実の丸みを帯びた味わい、スパイシーな後味。 5〜10年の熟成の可能性があり、2年目から味わうことが出来ます。 クラシックながらも大変濃厚。しっかりとしたニュアンス。 酸味と長い余韻が出た上品な仕上がりです。 各種評価★WA:93+

セール中のアイテム